被害の多いスズメバチ

キイロスズメバチは結構大きいです

キイロスズメバチはスズメバチの名前が付いているだけあってアシナガバチに比べて大きいです。 体長は2cm以上の大きさのキイロスズメバチも普通に居ますので近くに飛んできたら驚くことは確実ですし、羽音自体もなかなかのものなので威圧感を感じてしまうこともあるのではないでしょうか。 特に真夏の頃から秋のはじめ頃にかけて蜂は非常に活発に活動するようになるので換気扇の隙間や、開けた窓の隙間から室内に進入してきてしまう可能性がありますので注意が必要です。 特にその大きさから恐怖してしまうこともあるでしょうが、室内に入ってきた場合は速やかにガラス窓を開けてキイロスズメバチの逃げ道を作るか、殺虫剤を吹きかける必要があります。

人が入り難い場所に好んで巣を作ります

キイロスズメバチは人が入りづらい場所に好んで巣を作る習慣があります。 ですので、キイロスズメバチの巣を発見した頃は既にそれなりのサイズに大きくなってしまった後である場合が多いです。 人が入りづらい場所ということは同時に人に見つかりにくい場所である場合が多いためキイロスズメバチの巣を発見した頃には巣が拡大した後ということがよくあります。 そのためキイロスズメバチの駆除を安全に行うためには無茶な駆除を試みずに駆除業者に駆除を依頼することが大切です。 ですのでキイロスズメバチの駆除を安全に行うためにも、まずはキイロスズメバチの駆除を請け負ってくれる駆除業者を探すことが必要になります。 現在は多くの駆除業者がオフォシャルサイトを運営しているので以前と比べれば比較的簡単にキイロスズメバチの駆除を依頼することができます。