スズメバチの駆除

ハチ駆除という仕事の認識

ハチ駆除という仕事が世間一般に認められる時代になっています。昔はハチ駆除が仕事であるとはいう認識はなかったのですが、いまでは需要が高まり認知度もあがっているのです。でも、毎年ハチによる刺傷被害で命を落とす人が数十人いますので、当然のこでもあるのです。特にキイロスズメバチが住宅街で巣をつくることも多くなり、それを駆除するためハチ駆除業者も呼ばれることが多くなっています。ハチ駆除料金はおとなしいミツバチやアシナガバチは一万円くらいからで、気性が荒いスズメバチはに二万円くらいからしてくれます。突然の出費となるため金額的には高いという印象を受けるでしょう。でも、刺されたりするリスクを考えると決して高い金額ではないでしょう。

巣を引っ越すキイロスズメバチ

キイロスズメバチは巣の引っ越しをします。はじめは女王蜂が閉鎖空間に巣をつくりはじめるのです。自然の減少とともに、木が裂けた空間も少なくなり巣をつくる閉鎖空間まで減少しているのです。ですから、人家の屋根裏や床下に巣をつくり始めたのです。そして、巣が成長して、働き蜂も増えたら手狭になるので、今度は開放空間へ引っ越すのです。軒下などに新しい巣をつくり、そこにあっという間に引っ越すのです。ですから、気づいたときにはキイロスズメバチの巣ができているのです。キイロスズメバチは小柄なので、おとなしいアシナガバチと間違えて油断している人も多いのです。そして巣の周りで作業をしているだけで、襲われることもあるのです。